入浴を快適にする掃除

お風呂

お風呂の鏡はあったら便利だけど、日に日に曇って、しまいにはまったく見えなくなってしまったなんてことありませんか。なにも対策をしていなければ、どの家庭でも経験することだと思います。鏡に水のカルキがこびりついてしまうと、浴槽用洗剤で落とそうとしても取れません。カルキを地道にこすり取る方法もありますが、これが結構大変な作業です。カルキが鏡にへばりつく前に、曇り止めの対策をしてピカピカに保ちましょう。方法としては、入浴後は鏡に水滴を残さないように、ウインドースクイジーを使う方法が最も簡単です。すでについてしまったカルキを取ることはできませんが、予防ができ曇り止めとなります。曇ってしまった鏡には、意外にも歯磨き粉が使えます。柔らかいスポンジに歯磨き粉をなじませ、くるくるとこすっていきます。歯磨き粉に含まれる合成活性剤の油分がカルキを落としてくれるのです。

そして、お風呂の鏡にもう一つ、意外に曇り止めになるのがカー用品の中にあります。「油膜取り剤キイロビン」という製品は自動車のフロントガラス用のものです。お風呂の鏡にも有効で、スポンジに適量をなじませこすっていくと見る見るうちにピカピカになっていきます。週に一回するだけでも曇り止めが持続するので、頑固な曇りにはぜひ試してみてください。軽い曇りなら歯磨き粉でも取れますが、何度こすっても取れないものはカー用品で探し見ているといいものが見つかる可能性も高いです。お風呂とカー用品は考えが結びつきませんが、車にも雨や鳥のフン、土埃などいろいろな汚れがこびりつくため、その分効果が高い製品が市販されているのです。お風呂用品では見つからない良い製品が見つかりそうですね。